最新ニュース

アジアン・ル・マンセパン:OAKモーガンが優勝

2013.12.09

photo

©AsLMS

フォトギャラリー


photo

©AsLMS

フォトギャラリー


photo

©AsLMS

フォトギャラリー


photo

©AsLMS

フォトギャラリー


photo

©AsLMS

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 アジアン・ル・マン・シリーズ第4戦は8日、マレーシアのセパン・サーキットで決勝レースが行われ、ホー-ピン・タン/デイビッド・チェン組OAKレーシングの24号車モーガン・ジャッドが優勝を飾った。

 第2戦富士に次ぐ14台が参戦し、8日の15時にスタートした決勝レース。直後から、24号車モーガンとKCMGの松田次生/ジェームス・ウィンスロー組18号車モーガン・ニッサン、クラフト・レーシングのジュン-ジン・プウ/ダン・ポレイ/リチャード・ブラッドレー組27号車オレカ・ニッサンの3台により、熾烈なトップ争いが展開される。

 3台はピットインのタイミングなどで首位を入れ替えながら、終盤に至るまで優勝争いを展開。最終的には同一周回ながら、OAKレーシングのモーガンが優勝を飾った。2位は次生組KCMG、3位はクラフトレーシングとなった。

 総合4位となったのは、GTCクラス優勝となったクリアウォーター・レーシングのウェン-サン・モク/トニ・バイランダー組フェラーリ458 GT3。AFコルセの77号車が2位に入り、フェラーリ勢がワン・ツーとなった。

 GTCクラスでは、澤圭太が乗り込んだ007号車アストンマーチン・バンテージが総合6位/クラス3位に。藤井誠暢が乗り込んだ009号車アストンマーチンは総合8位/クラス5位となった。土屋武士が乗り込んだAAIラストラーダのBMW Z4 GT3は総合10位/クラス6位だった。

 今回2台の争いとなったGTEクラスは、今季フル参戦でチャンピオンを獲得したチーム・タイサン・剣・エンドレスの飯田章/横溝直輝/密山祥吾組70号車フェラーリ458が優勝。阪口良平が乗り込んだ35号車ポルシェが2位となった。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ