最新ニュース

名門『ブラバム』復活へ。来季WECへの参戦を計画

2014.09.25

 1960年代から90年代までF1をはじめF2等で活躍、二度のF1コンストラクターズタイトルを獲得している名門ブラバムの名が、来季国際的なモータースポーツシーンに復活する可能性が出てきた。創設者ジャック・ブラバムの三男であるデイビッド・ブラバムが、新たなプロジェクトを立ち上げ来季WEC世界耐久選手権のLMP2クラスに参戦するという。

 三度のF1ワールドチャンピオンである故ジャック・ブラバムが1962年に設立したブラバムは、66年にはジャック自身の王座獲得をはじめ、二度のコンストラクターズタイトル、四度のドライバータイトルをもたらしたモータースポーツ界のビッグネームのひとつ。

 1980年代前半まで、オーナーを務めたバーニー・エクレストンの手によりトップチームのひとつとして君臨したが、その後90年代に低迷。バブル景気に押された日本企業のバックアップも実らず92年を最後にチームは消滅した。その後、何度かブラバムの名の復活に向けた動きはあったものの、直接“本家”とは関係もなかった。

 一方、ジャック・ブラバムの3人の息子たちはいずれもレーシングドライバーとなり、長男ジェフの息子マシューもドライバーに。今季はインディライツでランキング4位を獲得している。また、兄弟の中でも三男デイビッドはル・マン24時間を制するなど、スポーツカーレースで活躍。今季も現役を続けている。


 そんなデイビッドがチームプリンシパルとなり、直接“ブラバム・ファミリー”が関わった、『プロジェクト・ブラバム』という野心的な計画が新たに立ち上げられた。チームは『ブラバム・レーシング』を名乗り、来季WECのLMP2クラスに参戦。3年間実績を積んだ後、2018年からコンストラクターとして復活。LMP1クラスを目指すという。

 また、ユニークなのはこのプロジェクトは、広くソースを募るとともに、クラウドファウンディングを活用。F1レベルまで高いレベルを目指すという。

「僕は長年、父が1960年代に築いた栄光と同じように、高いレベルで戦うブラバム・チームがレーシングコースに戻ることを夢見ていたんだ」とデイビッドは語った。

「普通のレーシングチームのモデルでは、僕は十分にエキサイティングで、継続性があるとは思えなかったんだ。『ブラバム』の名を復活させるためには、また違った考え方をしなければならないんだ」

 すでにプロジェクト・ブラバムのクラウドファウンディングページ(https://www.indiegogo.com/projects/project-brabham)が開設されており、早々に200万円近い資金を集めている。また、ファウンディングは1ポンドから受け付けており、それぞれの投資に応じたリターンが用意されている。

Project Brabham - a new model for motor racing

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ