最新ニュース

ポルシェCEO「2015年は最も大きな成功を収めた年」

2015.12.15

photo

©Porsche Japan KK.

フォトギャラリー


photo

©Porsche Japan KK.

フォトギャラリー


photo

©Porsche Japan KK.

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

プレスインフォメーション
2015年12月15日

ポルシェがル・マン最強マニュファクチュアラーの地位を維持

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)は、12月12日(土)にヴァイザッハで開催されたポルシェ モータースポーツの祭典であるナイト・オブ・チャンピオンにおいて、2015年シーズンの数々の傑出した成績を振り返りました。
 ポルシェのCEOであるDr.オリバー・ブルーメは、スピーチの中で来シーズンの展望について初めて言及し、「サーキットにおいて、2015年は当社の歴史の中で最も大きな成功を収めた年のひとつとなりました。2016年は、私達は不変性に重点を置き、さらにギアをシフトアップする予定です。私達は、ル・マンの4クラスのうち3クラスにエントリーする唯一のマニュファクチュアラーとなります」と概要を述べました。

・919ハイブリッドがWECチャンピオンとしてスターティングナンバー1および2で登場

 2016年、ポルシェ チームはタイトルディフェンダーとしてLMP1に復帰後3シーズン目のWECに挑みます。2台の919ハイブリッドがFIA世界耐久選手権(WEC)の9戦にスターティングナンバー1と2として参戦します。2016年モデルの919ハイブリッドは、多くのコンセプトが洗練され、2015年の発展型となります。

 その新たな姿は、3月25日にフランスのポール・リカールで開催されるWECプロローグで披露されます。919のハイブリッドシステムは、最先端のダウンサイジングターボテクノロジーと効率的なダイレクトフューエルインジェクションを採用した2リッター4気筒エンジンを搭載し、2系統のエネルギー回生システムが発生した電気を貯えるためにリチウムイオンバッテリーを使用します。
 919ハイブリッドは、約1,000 PSのシステム出力を発揮し、未来のロードゴーイングスポーツカーの開発に多くの重要な刺激を提供しました。これには、例えば、2020年までに量産化が計画されているミッションEコンセプトの800Vテクノロジーなどがあります。2016年のWECのハイライトであるル・マン24時間レースには、3台ではなく2台の919ハイブリッドが参戦する予定です。

 これは、ポルシェおよびVWグループの関連会社であるアウディが、コスト効率を最大化するためLMP1レースカーを1台ずつ減らすことで合意したためです。現在のポルシェ919ハイブリッドのレギュラードライバー全員が、2016年も引き続きステアリングを握ります。

 スターティングナンバー1のLMP1レーシングカーには、世界選手権ドライバー部門のチャンピオンであるティモ・ベルンハルト(34)、ブレンドン・ハートレー(26)およびマーク・ウェバー(39)が乗り込み、スターティングナンバー2の車両はロマン・デュマ(37)、ニール・ジャニ(32)およびマルク・リーブ(35)がドライブします。


・ケバン・エストルがポルシェのワークスドライバーとして契約

 ポルシェのワンメークカップシリーズで活躍したもうひとりのレースプロフェッショナルが、ポルシェのワークスドライバーとなります。フランス出身のケバン・エストル(27)は、911 GT3カップのステアリングを握った6年間で、ポルシェ カレラカップ フランスおよびポルシェ・モービル1・スーパーカップのタイトルを含む多くの成功を収めました。2015年、彼はWECスパ戦でポルシェ マンタイチームのサポートとして911 RSRをドライブし、ポルシェ ジュニアであるスヴェン・ミューラー(23)とともにGTE-Proクラスで3位の成績を残しました。ケバン・エストルが加わったことで、2016年シーズンのLMP1およびGTカテゴリーにおけるポルシェの契約ワークスドライバー数は16名となります。

・ポルシェがWEC GTプログラムを再構築

 2016年シーズン、ポルシェはLMP1への参戦に加え、GTE-ProおよびGTE-Amの両カテゴリーにも参戦します。ドライバーチャンピオンであるリヒャルト・リーツ(31)およびミカエル・クリステンセン(25)は、プロフェッショナルカテゴリーでタイトル防衛に挑みます。このペアは、ル・マンでウォルフ・ヘンツラー(40)のサポートを受けます。プロトンデンプシーレーシングは、911 RSRを投入し、これをポルシェ ワークスドライバーがドライブします。2016年も、アメリカ人の俳優であるパトリック・デンプシー(49)が、チームのパートナーとしてWECレースに参戦します。デンプシーは俳優業のスケジュールが許す限り、GTE-Amクラスに出場します。

・ル・マン24時間にさらに2台の911 RSRが参戦

 ポルシェは、ル・マン24時間レースに、さらに2台の911 RSRを投入する計画です。1台目は、パトリック・ピレ(34)、ケバン・エストル、およびイギリス人のニック・タンディ(31)がドライブします。もう1台のドライバーとして、アール・バンバー(25)、フレデリック・マコヴィッキ(35)およびイェルク・ベルクマイスター(39)が決定しています。「ACOからのル・マンのGTE-Proクラスへの2台出場の承認を待っていますが、これが下りれば非常に満足です」とポルシェのモータースポーツ部門のトップであるDr.フランク=シュテッフェン・バリサーが語っています。


・ポルシェが2台の911 RSRで米国でのタイトル防衛を目指す

 米国で最大のスポーツカーチャンピオンシップであるIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップは第3シーズンを迎え、ポルシェはこれに再びワークスチームで挑戦します。ポルシェ ノースアメリカチームは、来シーズンも新レギュレーションに適合するために大幅にモディファイされた2台の911 RSRを投入します。カーナンバー911は、パトリック・ピレおよびニック・タンディがドライブします。
 耐久レース(デイトナ24時間レース、セブリング12時間レース、ワトキンスグレンおよびプチ・ル・マン)では、ケバン・エストルがこのコンビをサポートします。カーナンバー912のレギュラードライバーは、フレデリック・マコヴィッキおよびアール・バンバーです。4戦のロングディスタンスクラシックでは、この2名のドライバーにミカエル・クリステンセンが加わります。来シーズンは1月30日のデイトナ24時間レースで開幕します。

・新型911 GT3 Rがデイトナでデビュー

 フロリダ州の歴史あるサーキットにおいて、カスタマーチームに供給される新型911 GT3 Rがレースデビューを飾ります。この車両には、ダイレクトフューエルインジェクション採用の新型4リッター水平対向6気筒エンジンが搭載されています。シーズン開幕戦には、4チームから5台が参戦します。ポルシェのワークスドライバーであるウォルフ・ヘンツラーがアレックス・ジョブ・レーシング・チームをサポートします。イェルク・ベルクマイスターがパーク・プレイス・モータースポーツに加わり、パトリック・ロングがブラック・スワン・レーシングの車両をドライブします。世界中のカスタマーチームからの強い要請により、ポルシェは911 GT3 Rの増産を決定し、約40台を供給します。

・2016年、ポルシェのワークスドライバーが世界各地で911 GT3 Rで参戦

 ポルシェは、911 GT3 Rカスタマーチームをワークスドライバーでサポートするという伝統を継続します。日本のスーパーGTには、イェルク・ベルクマイスターが参戦を予定しています。パトリック・ロングはエフォート・レーシングからピレリ・ワールド・チャレンジに挑み、ケバン・エストルは、ADAC GTマスターズでティモ・ベルンハルトがオーナーであるチーム75をサポートします。ニュルブルクリンクの24時間レースでは、ウォルフ・ヘンツラーが再びファルケン・モータースポーツ・チームのためにドライブします。


・ポルシェがニュルブルクリンク24時間に2台の911 GT3 Rを投入

 2016年、ポルシェは経験豊かなマンタイレーシング・チームから、ドイツで最も人気の高い自動車レースであるニュルブルクリンク24時間レースに2台の新型911 GT3 Rと4名のワークスドライバーで挑みます。このGT3車両は、昨年のニュルブルクリンク24時間レースで発表され、10月の最初のテストレースであるVLN(ニュルブルクリンク・ロングディスタンス選手権)で3位を獲得して北コースでの実力が実証された象徴的な911スポーツカーの第7世代がベースとなっています。

・ポルシェが若手養成プログラムを拡張

 2016年、ポルシェは成功を収めている若手養成プログラムをさらに拡張します。ドイツのスヴェン・ミューラー(23)およびイタリアのマッテオ・カイローリ(19)がポルシェ・モービル1・スーパーカップへの参戦費として、それぞれ200,000ユーロを受け取ります。
 新たに2名の才能に恵まれたドライバーがプログラムに参加します。ノルウェー出身のデニス・オルセン(19)は、プロフェッショナルのレーシングドライバーになるためのトレーニングの第1段階として、ポルシェ カレラカップ ドイツに参戦します。フランス人のマシュー・ジャミネ(21)は、世界中のワンメークカップシリーズで競う他の才能に恵まれた若きライバルたちを退けました。カレラカップ フランスの準優勝者である彼は、ポルシェ ジュニアとしてポルシェ・モービル1・スーパーカップに参戦します。前年同様、元ポルシェ ワークスドライバーであるサシャ・マーセンがサーキット内外で4名のポルシェ ジュニア達を指導します。

・ライアン・ダルジールがポルシェ カップで優勝

 今年のポルシェ カップの優勝者、つまり、最も大きな成功を収めたポルシェのプライベーターは、スコットランドのレーシングドライバーです。ライアン・ダルジール(33)は、ポルシェAGの監査役会会長であるDr.ヴォルフガング・ポルシェから待望のトロフィーと最高出力400 PSのポルシェ911カレラ4Sカブリオを授与されました。ダルジールはエフォート・レーシングの911 GT3 Rでピレリ・ワールド・チャレンジにエントリーし、総合3位の成績を収めました。2位のクラウス・バハラーには、30,000ユーロの賞金が授与され、3位のマルコ・ジーフリードは、25,000ユーロを受け取りました。ポルシェ カップは、フェリー・ポルシェの発案で、1970年から授与されています。

( ポルシェジャパン株式会社 プレスリリース)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ