最新ニュース

WTCC王者ロペス、2017年はWEC参戦も視野に

2016.01.03

photo

©WTCC

フォトギャラリー


 2年連続で世界ツーリングカー選手権(WTCC)を制したホセ-マリア・ロペスは、シトロエンのラストイヤーとなる今季のWTCCが終了した後は、ル・マン24時間への参戦を考えている。

 2015年は10勝を挙げWTCC連覇を達成したロペス。2016年も引き続きシトロエンから参戦するが、シトロエンは2017年から世界ラリー選手権に集中するため今季いっぱいでのWTCC撤退を表明。2017年からのロペスの去就はまだ明らかになっていない。

 ロペスは、困難だがWTCC参戦継続を見つけたいと認めているが、オプションとして世界耐久選手権も含まれていると語る。

「チームと一緒に居るのが大好きだが、ラリーは僕のものではない。この素晴らしいチームを離れなければならないのは本当に恥ずかしいが、可能ならル・マンに出たいといつも言い続けているんだ」

「ル・マンに参戦するのは素晴らしいよね。だから今季からいくつかの経験を積むことを始め、2017年にプロトタイプのシートを見つけるかもしれない」とロペス。

「いろいろなカテゴリーを見ることできる。DTMも見て、同様に素晴らしいレースだったが今の僕にはわからない。WTCCもある。可能ならここに残りたいが、どうなるだろうね。現時点で、ドライブしているものを失うことを知っているドライバーなんだ。だから、開いているすべての目標を維持したいし、何がベストかを確認したい」

「確かなのはヨーロッパに残りたいということ。ドライバーとして、人として成長をし続けたい」とコメントしている。

(オートスポーツweb )


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ