最新ニュース

トヨタTS050ハイブリッドが初走行、順調な滑り出し

2016.01.14

photo

©Toyota

フォトギャラリー


 今月12日、トヨタが2016年のWEC世界耐久選手権に投入する『TS050ハイブリッド』のシェイクダウンテストがスペインのモーターランド・アラゴンで行われた。

 完全新設計となるトヨタのLMP1プロトタイプは、12日火曜日にファクトリードライバーのステファン・サラザンによってシェイクダウンが行われ、チームメイトのセバスチャン・ブエミとマイク・コンウェイも参加した。

 今回の3日間にわたるテストでは、新車『TS050ハイブリッド』とともに2015年型の『TS040ハイブリッド』も持ち込まれている。

「すべてうまくいったが、現段階で言えることはそれが全てだ」とトヨタ・モータースポーツGmbHのスポークスマンは語っている。

 トヨタは、フランスのポール・リカールでWECのプレシーズンテストが開幕する前日(3月24日)に当地で新車の発表イベントを予定しているが、これまで新車の技術的な詳細は公表されていない。

 ただ、昨年6月には、3.7リッターのV8自然吸気エンジンに代わる新たなガソリンエンジンの開発を明らかにしていることから、2012年以降使用してきたスーパーキャパシタに代わるハイブリッドエネルギー用の電池エネルギー貯蔵システムを導入するとみられている。
 また彼らは、新しいエンジンについてターボチャージャー付きのユニットになると公言しており、昨年ダブルタイトルを獲得したポルシェ919ハイブリッドと同じV型4気筒になるものと理解されている。
 さらに『TS050ハイブリッド』は、ポルシェのような排気ガスを利用したエネルギー回収ではなく、フロントおよびリヤアクスルによるエネルギー回生を継続することも認めている。

 トヨタのライバル、アウディとポルシェは、アウディが昨年11月にポール・リカールで、ポルシェも12月にモーターランド・アラゴンで最初のテストをすでに実施している。

(オートスポーツweb )


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ