最新ニュース

スバル、ニュルは市販タイヤに規定変更も連覇狙う

2016.01.15

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 スバル/STIは15日、千葉県・幕張メッセで開幕した東京オートサロン2016の中で2016年シーズンのモータースポーツ活動体制を発表し、今年もスバルWRX STIでニュルブルクリンク24時間のSP3Tクラスに参戦することを明らかにした。

 スバルは2008年からニュルブルクリンク24時間に挑戦し、11年、12年とSP3Tクラスで2連覇を達成。13年はクラス2位、そして新型WRX STIをベースとしたマシンで挑んだ14年はクラス4位となっていたが、昨年は再びクラス優勝の栄冠を手にした。

 昨年に引き続き今年もWRX STIを投入し、SP3Tクラスでの2連覇に挑むことになるスバル。16年仕様のマシンは、軽量化や慣性モーメントの低減、空力性能の向上が図られている。

 また、SP3Tクラスのレギュレーションの変化に伴った変更が加えられている。まず、市販タイヤを装着する規定に変更になったため、今年はファルケンの市販タイヤを使用することになった。加えて、リストリクターが1mm小型化されるため、それを受けたエンジンのセッティングが施されることになるという。

 ドライバーラインアップに関しては昨年から継続となり、カルロ・バン・ダム、マルセル・ラッセー、ティム・シュリック、そして山内英輝の4名で、2連覇に臨むこととなる。昨年、ニュル初参戦を果たした山内は「昨年は24時間の戦いの中、みなさんの応援があったからこそがんばれました。今年も、みなさんに優勝を届けられるようにがんばりたいと思っています」と意気込みを語った。

 また、辰巳英治STI総監督も「市販タイヤとなりリストリクターも小さくなりますが、タイムが落ちることは想定しておらず、逆にタイムを上げようと考えています。クラス優勝を狙うとともに、来年も性能調整を受けてしまうくらい、総合でも上位を目指したいと思います」と逆境の中でもさらなる活躍を誓った。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ