最新ニュース

バリチェロ、強豪チームからデイトナ24時間に参戦

2016.01.27

photo

©XPB

フォトギャラリー


 今週末開催されるウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)の開幕戦デイトナ24時間レースに、元F1ドライバーのルーベンス・バリチェロがウェイン・テイラー・レーシングから参戦することが明らかとなった。

 ユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップが今年からウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップに名称を変更。今週末に開催を予定しているデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われる伝統のレース、デイトナ24時間レースがシリーズの開幕戦となる。

 LMP2車両とデイトナプロトタイプ(DP)が戦う最高峰のPクラスには13台がエントリーしているが、シボレー・コルベットDPで参戦するウェイン・テーラー・レーシングは、F1で11勝を挙げた43歳のバリチェロを起用。レギュラードライバーのリッキー・テイラーとジョーダン・テイラー、チームの共同オーナーのマックス・アンジェレッリとコンビを組む。

 デイトナ24時間には2013年に初参戦し、昨年はスターワークス・モータースポーツから参戦したバリチェロ。近年はブラジル・ストックカー選手権などに参戦している彼にとってデイトナ参戦は特別なようだ。

「この機会にとても興奮しているよ。デイトナ24時間は、常に大きな興味を持っているレースだからね。最近、ウェイン(テイラー)と彼のチームにドライブしたいと話したんだ。彼はそれを可能にしてくれた」

 2013、2014年と2位を獲得していたウェイン・テイラー・レーシング。昨年も首位争いを展開するも、最後のコーション時のピットスルーペナルティが響き3位で終わっていた。

 バリチェロを第4ドライバーに起用することを決定したウェイン・テイラーは、「トップを狙えるドライバーでなければならなかった。とても重要で激しいこのレースでは、たくさんのドライバーサポートが必要だとわかるだろう」

「これは予防の策だ。しかし、すでに屈強なドライバーラインアップにルーベンスという人物を加えることができ、我々は素晴らしい結果を得るべきだね」とコメントしている。

(オートスポーツweb )


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ