最新ニュース

クリステンセン、デイトナ24時間で現役復帰も

2016.02.01

photo

©LAT

フォトギャラリー


 スポーツカー界のレジェンド、トム・クリステンセンが、将来的にデイトナ24時間でドライバーとして復帰したい気持ちがあることを明かした。

 史上最多となる9度のル・マン24時間ウィナーとして知られるクリステンセンは、2014年のWEC(世界耐久選手権)を最後に現役を引退している。
 彼は、週末に行われたデイトナ24時間でグランドオフィシャルを務めた。そこで北米の耐久レースを舞台にして1回限りの現役復帰の可能性を否定しなかった。

「私の父はいつも”まだ可能性がある”と言ってくれた。もし復帰するのであれば、その舞台はデイトナになるだろう」とクリステンセン。

 このコメントは金曜日にレースの冠スポンサーであるロレックス主催のオフィシャルディナーの場での気軽な会話から上がったもの。さらにレーシング・チームのオーナーであるチップ・ガナッシがクリステンセンと、元チームメイトのアラン・マクニッシュのために喜んでマシンを用意すると発言した。

「私は彼らが55歳になった時、デイトナ24時間でトムとアランにチップ・ガナッシのクルマを用意する」

 マクニッシュもクリステンセンが引退する1年前に、スコットランド出身ドライバーの一員としてデイトナを走る考えを明かしていた。
 当初の考えでは同郷出身のライアン・ダルジールとダリオ・フランキッティと一緒にレースをしたいと考えていたという。しかしフランキッティは2013年のインディカーでのクラッシュで大怪我を負い、レース引退を余儀なくされてしまった。

 クリステンセンはストレスによりレースを引退したが、デイトナに戻ってくる場合は楽しく走りたいという。

「自分で決めた決定は揺るがない」とクリステンセン。

 彼は第一線のレースから引退してはいるが、昨年はStメアリー・トロフィーなどヒストリックカーレースは続けている。セブリング12時間では6度の優勝を飾っているが、デイトナではまだレースをしたことがない。

(Translation:Tomohiro Yoshita/オートスポーツweb )


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ