最新ニュース

マツダLMP2、デイトナは夜明けを前に戦列去る

2016.02.01

photo

©MZRacing

フォトギャラリー


photo

©MZRacing

フォトギャラリー


photo

©MZRacing

フォトギャラリー


photo

©MZRacing

フォトギャラリー


photo

©MZRacing

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

MZRacing
2016/02/01

2台のマツダ・プロトタイプ、朝日を見ずに戦列を去る。
デイトナ24時間レース

 晴天となった1月30日、マツダの96回目の創業記念日に、フロリダ州デイトナ・インターナショナル・スピードウェイでは「ROLEXデイトナ24時間レース」決勝の火蓋が切って落とされました。

 予選10位からスタートしたマツダ・プロトタイプ70号車(トム・ロング・ジョエル・ミラー、ベン・デブリン組)、同12位の55号車(ジョナサン・ボマリート、トリスタン・ヌネス、スペンサー・ピゴット組)は、序盤から早さを見せ、徐々にポジションを上げていきましたが、それぞれメカニカルトラブルが発生し、70号車はスタートから30分後、55号車は同11時間後にリタイヤとなりました。チームの「朝日を見よう」の目標は果たせず、ポディウムフィニッシュの夢は次戦セブリング12時間レース(3月19日)以降に持ち越されることとなりました。

 30日午後2時40分のスタート前、グリッドにつけた70号車のミラーは、こう言いました。「後方スタートだけど、すぐにトップ争いに加われるさ」。ロングがスタートドライバーとなった70号車は、55号車とともにスタート直後から上位車を追い詰め、胸のすく走りを見せていました。しかし、70号車は30分後のワールドホースシューと呼ばれるテクニカルセクションで突然ストップ。ガレージに運び込まれチェックを受けましたが、再出走は叶いませんでした。駆動系のトラブルとのことです。

 一方の55号車は、20歳になったばかりのヌネスがスタートを担当しました。70号車が抜けたのち、11位になると、周回を追うごとに先行車に迫り、1時間後には7位までポジションを上げます。その後一度ピットインして、燃料補給を受けましたがドライバーはそのまま。「少しアンダーステア傾向だけど、コントロールはしやすい。問題ない」と無線でクルマの状況を知らせてくれました。スタートから2時間半後には、ボマリートにドライバー交代しましたが、その間に順位を競って最高2位まで挽回。4位でボマリートにマシンを渡しました。この快進撃にインフィールドに詰めかけたマツダファン、マツダ車オーナー達はどれほど勇気づけられたことでしょうか。


 ボマリートは、冷えたタイヤでコースインした直後に勢い余ってスピン。ダメージはありませんがしたが、少しひやっとした瞬間でした。その後はヌネス同様に速いペースで周回を重ね、イエローコーションの間にピットインして給油し、首位でコースに戻ることに成功。4時間目にリーダーボードの最上段に「55」が表示されました。しかし、喜びは束の間でした、3回目にレースリーダーの位置についたのちピットインし、燃料補給を終えてスターターボタンをプッシュしましたが、再始動しません。チームがあれこれ原因を探ったのちECUを交換したところ、エンジンが息を吹き返しました。

 ここで失った2ラップにより、順位は9位にまで下がってしまいます。それでもボマリートは諦めず、ペースを崩すことはありませんでした。9位のまま、ピゴットに交代し、彼もまたボマリートと同等のラップタイムで周回し、上位との差を少しづつ詰めていきます。マツダのスカラシップを受けてステップアップを果たしてきた22歳の彼は、2015年のインディライツチャンピオンに輝いており、今年念願のインディ500に出場することが決定しています。彼は、2スティントを走って、再びヌネスに交代しました。

 ヌネスも失地回復のため、攻めの走りを見せていましたが、7位を走行していた午前2時前、リヤから突然炎を上げたためストップ。消火ののち、マシンはガレージに運ばれていきました。そして、消火剤まみれになったマシンが再び走れるようにはなりませんでした。この時点で、チームの野望は絶たれてしまいます。

 マツダUSAのモータースポーツ・ダイレクターであるジョン・ドゥーナンは、「エンジンのバルブトレインが壊れてインジェクターを痛めてしまいました。そこから燃料が過剰に流出し、排ガスに引火。リアウィングを焦がすミニ火災となってしまいました。電気系トラブルののち、順調にロスを挽回していただけに残念です。今回は、慎重にテストを重ねてきましたが、まだ十分ではなかったようです。しかし、手応えは確実にありました。ポディウム圏内フィニッシュは今シーズンの早い時期に実現するでしょう」とコメントしました。

 残念な結果となりましたが、応援していただいた皆さん、本当にありがとうございました。日本の皆さんの熱意は、遠くフロリダまで確実に伝わっていました。次回3月19日のセブリング12時間レースに期待しましょう。

http://mzracing.jp/americanracing/4879

(MZRacing)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ