最新ニュース

ル・マン24Hエントリー発表。61年ぶりに60台集結

2016.02.06

photo

©ACO

フォトギャラリー


 ル・マン24時間を運営するフランス西部自動車クラブ(ACO)は5日、第84回ル・マン24時間耐久レースのエントリーリストを発表した。今年は参戦台数が増加し、全60台が名を連ねたほか、リザーブエントリーとなる10チームも同時に発表されている。

 今年も、WEC世界耐久選手権の第3戦として、6月18日〜19日に開催されるル・マン24時間。昨年までは参戦上限が56台だったこの伝統のレースだが、今年は60台がエントリーを果たしている。当初、16年は58台、そして17年に60台と段階的に参戦台数を増やしていく計画となっていたが、“質の高い”エントリー申し込みが多数寄せられたため、選考委員会は急きょ、今年から60台を受け入れることを決定したのだという。ちなみに、ル・マン24時間のグリッドに実際に60台が並ぶこととなれば、1955年以来、実に61年ぶりの出来事となる。

 そんな今年のル・マン24時間。まず総合優勝を争うLMP1クラスでは大きな変化があった。それは、昨年はこのル・マンで3台体制を敷いていたポルシェとアウディが“コスト削減”のため2台体制に変更したこと。トヨタもこれまで同様2台での参戦となっていることから、3メーカーはWECのシリーズ戦と変わらずそれぞれ2台ずつでル・マン制覇を争うこととなった。プライベーターとしてハイブリッド非搭載のマシンを走らせるレベリオンの2台、そしてバイコレスの1台を加えて、計9台がこのLMP1を戦う。

 コストキャップ制のもとプライベーターが激しい戦いを繰り広げるLMP2クラスには、WECにフル参戦する10台に加えて12台が集まり、合計22台のエントリーとなった。ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)やアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)などからの参戦のほか、北米ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップからはマイケル・シャンク・レーシングのリジェJS P2・ホンダも参戦。さらに、今年のWECではLM-GTEアマクラスへと移行した昨年ウイナーのKCMGも、このル・マンではLMP2にもエントリー。ドライバーには、松田次生の名前が記されている。


 LM-GTEプロクラスも14台と盛り上がりを見せる。フェラーリの新型488 GTEが3台、ポルシェの2016年型911 RSRが3台、そしてアストンマーチン・バンテージが2台となっているほか、昨年に引き続きコルベット・レーシングが2台のコルベットC7.Rを投入。さらに、今年からWECにもフル参戦するフォード陣営は、WEC参戦の欧州チームの2台に加えて、WSCC参戦の北米チームの2台もエントリーさせ、フォードGTは合計4台に。初年度から“必勝体制”で既存の4陣営に挑む。

 そしてLM-GTEアマクラスも、プロクラスと同じく14台がエントリー。チームAAIやクリアウォーター・レーシングなどアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)やGTアジアなどで活躍するチームも名を連ねている。

 なお環境技術等の新技術を志向したマシンに与えられる章典外の特別枠“ガレージ#56”からは今年、SRT41・バイ・OAKレーシングのフレデリック・ソーセというドライバーがエントリー。ソーセは、2012年に細菌感染によって手足を切断することになってしまったが、その後、切断した腕に繋げられたステアリングと、足先の装置でペダルをコントロールする装置でレース参戦を開始。今回はモーガンのLMP2車両に装置を組み込んで、ガレージ#56枠からル・マン参戦の夢が叶えられることとなった。

 またリザーブエントリーとして、LMP2の6チーム、LM-GTEアマクラスの4チームの合計10チームがリストに名を連ねている。

(オートスポーツweb)


第84回ル・マン24時間耐久レース エントリーリスト(2/5)

LMP1
No Team Car Driver1 Tyre
1 ポルシェ・チーム ポルシェ919ハイブリッド T.ベルンハルト MI
2 ポルシェ・チーム ポルシェ919ハイブリッド R.デュマ MI
4 バイコレス・レーシングチーム CLM P1/01・AER S.トルーマー DL
5 TOYOTA GAZOO Racing トヨタTS050ハイブリッド A.デイビッドソン MI
6 TOYOTA GAZOO Racing トヨタTS050ハイブリッド S.サラザン MI
7 アウディスポーツ・チーム・ヨースト アウディR18 e-トロン・クワトロ M.ファスラー MI
8 アウディスポーツ・チーム・ヨースト アウディR18 e-トロン・クワトロ L.ディ・グラッシ MI
12 レベリオン・レーシング レベリオンR-One・AER N.プロスト DL
13 レベリオン・レーシング レベリオンR-One・AER M.テュシャー DL
LMP2
No Team Car Driver1 Tyre
22 SO24!バイ・ロンバード・レーシング リジェJS P2・ジャッド V.カピラール DL
23 パニス・バルテズ・コンペティション リジェJS P2・ニッサン F.バルテズ DL
26 G-ドライブ・レーシング オレカ05・ニッサン R.ルシノフ DL
27 SMPレーシング BR01・ニッサン N.ミナシアン
28 ペガサス・レーシング モーガン・ニッサン J.シェル MI
30 エクストリーム・スピード・モータースポーツ リジェJS P2・ニッサン S.シャープ DL
31 エクストリーム・スピード・モータースポーツ リジェJS P2・ニッサン R.ダルジール DL
33 ユーラシア・モータースポーツ オレカ05・ニッサン P.チョンジン DL
34 レース・パフォーマンス オレカ03R・ジャッド N.ルートウイラー DL
35 バクシー・DCレーシング・アルピーヌ アルピーヌA460・ニッサン D.チェン
36 シグナテック・アルピーヌ アルピーヌA460・ニッサン G.メネセス DL
37 SMPレーシング BR01・ニッサン V.ペトロフ
38 G-ドライブ・レーシング ギブソン015S・ニッサン S.ドラン DL
40 クローン・レーシング リジェJS P2・ニッサン T.クローン MI
41 グリーブス・モータースポーツ リジェJS P2・ニッサン M.ロハス DL
42 ストラッカ・レーシング ギブソン015S・ニッサン N.レベンティス DL
43 RGRスポーツ・バイ・モランド リジェJS P2・ニッサン R.ゴンザレス DL
44 マノー オレカ05・ニッサン T.グレイブス DL
46 ティリエ・バイ・TDSレーシング オレカ05・ニッサン P.ティリエ DL
47 KCMG オレカ05・ニッサン 松田次生 DL
48 マーフィー・プロトタイプス オレカ03R・ニッサン G.マーフィー DL
49 マイケル・シャンク・レーシング リジェJS P2・ホンダ J.ピュー DL
LM-GTE Pro
No Team Car Driver1 Tyre
51 AFコルセ フェラーリ488 GTE G.ブルーニ MI
63 コルベット・レーシング-GM シボレー・コルベットC7.R J.マグヌッセン MI
64 コルベット・レーシング-GM シボレー・コルベットC7.R O.ギャビン MI
66 フォード・チップ・ガナッシ・チームUK フォードGT M.フランキッティ MI
67 フォード・チップ・ガナッシ・チームUK フォードGT O.プラ MI
68 フォード・チップ・ガナッシ・チームUSA フォードGT J.ハンド MI
69 フォード・チップ・ガナッシ・チームUSA フォードGT R.ブリスコ MI
71 AFコルセ フェラーリ488 GTE D.リゴン MI
77 デンプシー-プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR(2016) R.リエツ MI
82 リシ・コンペティツォーネ フェラーリ488 GTE G.フィジケラ MI
91 ポルシェ・モータースポーツ ポルシェ911 RSR(2016) P.ピレ MI
92 ポルシェ・モータースポーツ ポルシェ911 RSR(2016) F.マコウィッキ MI
95 アストンマーチン・レーシング アストンマーチン・バンテージ N.シーム DL
97 アストンマーチン・レーシング アストンマーチン・バンテージ R.スタナウェイ DL
LM-GTE Am
No Team Car Driver1 Tyre
50 ラルブル・コンペティション シボレー・コルベットC7 山岸大 MI
55 AFコルセ フェラーリ458 イタリア D.キャメロン MI
57 チームAAI シボレー・コルベットC6 J-S.チェン MI
58 クリアウォーター・レーシング フェラーリ458 イタリア M-W.サン MI
59 TDSレーシング アストンマーチンV8バンテージ E.ダーマット
60 フォーミュラ・レーシング フェラーリ458 イタリア J.ラウルセン MI
62 スクーデリア・コルサ フェラーリ458 イタリア W.スウィードラー MI
78 KCMG ポルシェ911 RSR C.リエド MI
83 AFコルセ フェラーリ458 イタリア F.ペロド MI
86 ガルフ・レーシングUK ポルシェ911 RSR M.ウエインライト MI
88 アブダビ-プロトン・レーシング ポルシェ911 RSR K.アル-クバイシ MI
89 プロトン・コンペティション ポルシェ911 RSR G.ローダ MI
98 アストンマーチン・レーシング アストンマーチンV8バンテージ P.ダラ-ラナ DL
99 アストンマーチン・レーシング アストンマーチンV8バンテージ A.ハワード DL
Garage #56
No Team Car Driver1 Tyre
84 SRT41・バイ・OAKレーシング モーガンLMP2・ニッサン F.ソーセ MI
Reserve
No Team Car Driver1 Tyre
45 グリーブス・モータースポーツ ギブソン015S・ニッサン A.ブランドル DL
25 アルガルベ・プロ・レーシング リジェJS P2・ニッサン M.ムネマン DL
76 JMWモータースポーツ フェラーリ458 イタリア R.スミス MI
32 クラージュ BR01・ニッサン A.ビルト DL
29 ペガサス・レーシング モーガン・ニッサン I.テタンジェ MI
24 OAKレーシング リジェJS P2・ジャッド J.ニコレ DL
53 ライリー・モータースポーツ SRTバイパー・GTS-R B.カーティング MI
21 ドラゴンスピード オレカ05・ニッサン H.ヘドマン DL
87 プロトン・コンペティション ポルシェ911 RSR M.ゼーフリート MI
56 チームAAI シボレー・コルベットC6 H-C.チェン MI

スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ