最新ニュース

マノー首脳「夢のル・マンについに挑戦できる」

2016.02.09

photo

©Manor Endurance Racing

フォトギャラリー


 マノー・モータースポーツのスポーティングディレクターを務めるグレアム・ロードンは、チームが今年のWEC世界耐久選手権のLMP2クラスにフル参戦することを受けて、長い間持ち続けていたのだというル・マン24時間への情熱を明かした。

 マノーは今年、全9戦で争われるWECのLMP2クラスにオレカ05・ニッサンのパッケージでフル参戦。もちろん、ル・マン24時間にもエントリーしている。ロードンは、自身もル・マンのファンであることを明かし、参戦決定について次のように話している。

「ル・マンに初めて行ったのは1990年のことで、長年にわたって定期的に訪れていた。そして、ついにチームととも挑戦することができるのは素晴らしいことだ」

 またロードンは、WECで戦うことは「素晴らしい挑戦となる」と話し、「目下チーム内での話題の種だった」と明かす。ちなみにロードンは、2010年からのF1参戦が受理されたという知らせも、2009年のル・マンの現場で受けたのだという。


 チーム創設者のジョン・ブースも、WEC参戦はチームにとって絶好のチャンスだとして次のように話した。

「LMP2クラスはマニュファクチャラーやエンジンサプライヤーから独立したチームのために作られていて、チームがどのようなパフォーマンスを発揮するかという点に焦点がおかれているんだ」

 WECのドライバーとして発表されているのは、1999年にチームからF3に参戦した経験を持つトー・グレイブス。現在43歳のグレイブスは、かつてデルタADRからWECのLMP2クラスを戦っていた。残るふたりのドライバーは、適宜発表されるという。

 今回のWEC参戦にあたっての正式名称は、マノー・エンデュランス・レーシングとなっているが、エントリー名はマノーとなっている。また、マノー・モータースポーツの独自のレース参戦は、2014年のGP3撤退して以来のこととなる。

 なお、すでに既報の通り、昨シーズン限りでブースとロードンはF1を戦うマノー・マルシャからは離脱。マノー・モータースポーツとF1を戦うマノーとのつながりは、現在はすでにない状況となっている。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ