最新ニュース

AsLMSCのレギュレーション発表。16年は全3戦開催

2016.02.10

photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


 ACOフランス西部自動車クラブは10日、2016年からスタートするアジアン・ル・マン・スプリントカップ(AsLMSC)の規定を発表した。

 AsLMSCは、耐久レースのアジアン・ル・マンがウインターシリーズ化したことにより、その間を補完する目的として開催されるもの。LMP3、CN、カップカー用のGT Cupカテゴリーが走行可能で、全3戦すべてがセパンサーキットでの開催となる。

 今回発表された主なレギュレーションは以下のとおりだ。

●BoP
ACOはマシンの性能調整を行う権利をもつ。

●タイヤ
ミシュランが公式サプライヤーとして独占的に供給する。

●カレンダー
全戦がマレーシアのセパンサーキットで開催される。
第1戦:5月27日〜29日
第2戦:8月7日〜9日
第3戦:9月2日〜4日


●参加可能車両
・ACO規定に従っているLMP3車両
・ACO付則に対応しているCN車両(カーボンモノコック車のみ)
・GTカップ(ポルシェカレラカップ、アウディR8 LMSカップ、ランボルギーニ・スーパートロフェオ、フェラーリチャレンジ、マクラーレン650スプリント、ロータスカップ)

●参戦可能ドライバーカテゴリー
16歳以上のドライバーで、国際Cライセンス以上を保持していること。ブロンズ、シルバーのドライバーはひとりで運転することができるが、最高2名のドライブが認められる。ドライバーラインアップで1名以上ブロンズが含まれなければならず、もうひとりはブロンズ、もしくはシルバーが認められる。ゴールド、プラチナの参戦は認められない。

●イベントフォーマット
45分のプラクティスセッションが2回
15分の予選セッションが2回(2名ドライブする場合は1セッション1名が乗車すること)
ローリングスタートの60分レースを2回(要ピットストップ。ピット入口から出口まで120秒以上)

●タイヤ規定
第1戦:1台につきニュータイヤ4セット。ウエットタイヤの制限無し
第2戦以降:1台につきニュータイヤ3セット。ウエットタイヤの制限無し

●ポイント
それぞれの予選セッションで、各クラス首位には1ポイント。レース後、各クラスチーム、ドライバーにポイントが付与される。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ