最新ニュース

改良型ポルシェLMP1、テストで4000km以上を走破

2016.02.19

photo

©Porsche AG

フォトギャラリー


photo

©Porsche AG

フォトギャラリー


photo

©Porsche AG

フォトギャラリー


photo

©Porsche AG

フォトギャラリー


photo

©Porsche AG

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 世界耐久選手権(WEC)に参戦するポルシェはヤス-マリーナ・サーキットでタイヤテストを実施。2016年シーズンに向けアップグレードを施したポルシェ919ハイブリッドのプロトタイプで4000km以上を走破した。

 昨年、ル・マン24時間で総合優勝を果たし、シリーズ8戦中6戦を制する圧倒的な戦績でドライバー/マニュファクチャラーの両タイトルを獲得したポルシェ。シリーズ2連覇に向けて、チームは5日間のタイヤテストを実施。マーク・ウェバーとティモ・ベルンハルト、ブレンドン・ハートレーの3名が参加した。このテストで、ポルシェはミシュランが持ち込んだ複数のコンパウンドと構造のスリックタイヤをテスト。レースで軸とするタイヤの選定に注力した。

 ポルシェのLMP1チーム監督を務めるアンドレア・ザイドルは「数多くあるタイヤのなかから、正しいものを選ぶことは極めて重要だ。シーズンをそのタイヤで戦うことになるのだからね」と語っている。

「正しい選択には信頼性の高い結果が必要で、そのためには安定したコンディションが鍵となる。アブダビは天候が安定しているだけでなく、気温も一定でテストには最適だった」

 ウェバー、ベルンハルト、ハートレーの3名は、合計で4142kmを走破。今月上旬にはニール・ジャニ、ロマン・デュマ、マーク・リエブの3名もテストを行っており2059kmのマイレージを稼いでいる。なお今月上旬のテストは、マシンのシャシーが破損してしまい、新たなパーツが届くまで中断されるアクシデントが起きている。

 ポルシェは昨年から改良したパワートレインとサスペンションをテストを重ねているほか、今後も開幕に向けてヨーロッパで開発プログラムを続行するとしており、まもなく16年型マシンの最終的な仕様が確定する見込みだ。

(オートスポーツweb )


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ