最新ニュース

スバルのファンミーティングに多くのファンが集結

2016.02.28

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 28日、東京・恵比寿で“スバル 2016 モータスポーツファンミーティング”が行われ、井口卓人や山内英輝、新井敏弘など、スバルから各カテゴリーのレースに参戦するドライバーらが登場。抽選で選ばれた79組149名のファンに対し、今シーズンの意気込みを語った。

 スバルは今シーズンもGT300クラスやニュルブルクリンク24時間レースをはじめ、全日本ラリー選手権(JRC)、GAZOO Racing 86/BRZ Raceなど、さまざまなレースへ参戦する。例年、シーズン開幕前に行われるファンミーティングには、各カテゴリーに参戦するドライバーが登場しトークショーやグッズ抽選会、握手会などを通じて、ファンとの交流を深めている。

 今年は上記した3名に加え、JRCに参戦する鎌田卓麻、勝田範彦、Gazoo Racing 86/BRZ Raceに参戦する久保凛太郎、GT300クラスやニュル24時間で指揮をとる辰己英治総監督が登場した。

 イベント冒頭で、辰己総監督は「去年はニュルブルクリンクで勝つことができましたが、残念ながら(スーパー)GTではドライバーに勝つことのできるクルマを用意できず、勝利することができませんでした」と昨シーズンを振り返り、「そういう成績だったにもかかわらず、今日これだけ多くのファンの方が会場に足を運んでくださいました。みなさんが応援してくれているということをバネにして、今年こそGTで勝つことを目指します」と今季の抱負を語った。

 今年からチームのメインドライバーを務めることとなった井口は「今年は結果を貪欲に求めていくため、山内選手と激しいトレーニングをして体も絞っています」とコメント。パートナーの山内も「昨年はすごく悔しい1年を過ごしましたが、今年は東京オートサロンで3勝という目標を掲げました。それを達成し、シリーズチャンピオンを取れるように頑張ります」と意気込んだ。


 イベントではその後、3部構成のトークショーが実施。第1部ではGT300クラスに投入されるスバルBRZ GT300の開発状況に関する最新情報が公開されたほか、第2部にはJRC、86/BRZ Raceにスバルから参戦するドライバーが登場し、今シーズンへの抱負を語った。第3部では、各カテゴリーに参戦するドライバーが、他カテゴリーに参戦するドライバーへプライベートな質問を含め、さまざまな疑問をぶつけるコーナーも行われた。

 そのほか、今年のスーパーGTでチームのレースクイーンを務める『BREEZE』の新メンバーも登場。霧島聖子さん、森脇亜紗紀さん、藤谷香々さん、佐藤美央里さん(今回のイベントは欠席)がチームに華を添えることが明かされたほか、事前にファンがメッセージを書き込んだ応援フラッグの贈呈式、グランツーリスモ6を使い、会場にいるファンや各ドライバーが対戦する『SUBARU グランツーリスモGP』、限定サイン入りグッズ抽選会、握手会など数多くのイベントが行われ、会場に集まった多くのファンがドライバーたちとの交流を楽しんだ。

(オートスポーツweb)


スポーツカーフォト

スポーツカー一覧を見る

©Ford

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Porsche Japan KK.

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series


©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©Blancpain GT Series

©LAT

©LAT

©Toyota


スポーツカーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ